頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生活面、精神面で安定してきてまた色々考え始めたのがFXの事。
なかなか上手く行きません。昨年の反省から今年はとにかくシステム(中源線建玉法)
のシグナルどおりに売買できるようになろう!自己規律を看に着けよう!
と頑張ってきたのですが・・・年初はまあままよかったのですが、最近はやられまくり。
損失が積みあがってしまいました。といっても25000円ほどですが。千通貨単位であまり増し玉
もせずにやってるので損したといっても全然たいしたこと無いです。

額はともかく利益が出てないことは確かなのでちょっとへこみました。英国のEU離脱ショックもあったし、
システムトレードをやっている以上、不調期があるのは当然なので悩んではいけないのかもしれません。

こういうときにやってくるのがシステムを放棄して裁量トレードに走ろうかという誘惑。
そしてこういう相場状況の時にもっと上手く取引できる手法は無いだろうかという悩み。

久しぶりにForex Testerをいじってどういう売買法が一番儲かるだろうかと色々考えてみました。
Forex Testerについては以前、記事を書いたことがありますが、その時は「酒田罫線法」がFXで有効
なのかどうかテストしてみたかったため。結果解ったのは、何とか利益にはなりそうだが、私の裁量取引の技術
では損切りもけっこう多く、増えたり減ったりでナカナカ右肩上がりには資金は増えていきそうにないと
いうこと。

ちなみにその後、増えたり減ったりの「減ったり」がほとんどない。つまりほぼ勝率100%にできる売買法
があるのがわかりました。その時はショックでちょっと呆然としてしまいました。(あまりに単純な戦略
なので今まで何やってたんだろうと)

さて、FXや株などの取引でどういう売買法が良いのだろうか?と考える時に2つのアプローチがあるようです。
それが「システムトレード」と「裁量トレード」ネットで検索すればこれに関する情報がたくさん出てきます。たくさん出てくるけど、どれも言ってることはほとんど同じ様なこと。

私が思うには、システムトレードの考え方に共感する人は多いと思うし、システムを使うだけで安定した利益がでるなら
なら楽でとても良い!と多くの人が感じると思います。しかし裁量トレードにこだわる人や取引手法を研究している
人、ネットで高額のFXや株の取引テクニックの教材がたくさん売られていることを見ると、実際にシステム
トレードで運用している人は少ないのではないかと思います。実際に調べたわけではないのでわかりませんけど。

その理由として
・証券会社の提供しているシステムは自分が作ったわけではないので本当に有効なのか不安。
・かといって自分でシステムを作るのはとても面倒だし、有効なシステムを作る自信もない。
・所詮システムトレードなんて臨機応変な対応なんてできないし、大儲けできそうも無いしつまらない。

などの理由があるのではないでしょうか。あくまで私の推測ですが。
でも、裁量トレードはとても難しいし何も基準無しに取引するのは怖いよねぇ~。と言う事で登場するのが第3の道
大筋の取引ルールを決めて、そのルールの範囲内でのみ裁量を認める。システムトレードと裁量トレードの中間
見たいな取引方法。広義にはこれもシステムトレードになるのでしょうね。
結局のところこれに落ち着く人が多いのではないだろうかと思います。

今後、私はどういう取引をやっていくか考えた結果もこれです。基本的なシステム(中源線)は今までどおり使い、
それに独自のルールをいくつか加えてやっていく。これが一番よさそうです。

独自ルールとして重視していきたいと思っているのが利食いに関するルールです。トレンドフォロー型システムの
最大の弱点だと私が思うのは、大きなうねりが出ないとシステムどおりに取引しても全く利益が出ない。
利益が出ないどころか、損失の連続になってしまう。これは移動平均線やMACDのクロスで取引する場合なども同様。。
途中での利食いを積極的に取り入れて行こうと思います。時間分析が有効かなと考えています。

自分のルールを考える際に大事だなと感じたのが、「完璧なルールなどない」と言う事。ついついどんな時も利益
を出せるルールを作ろうと欲張ってしまう癖があるのを自分で感じました。でも結局無理なんですよねぇ。
「完璧なルール」「完璧な取引」を追及しようとすると空しい時間の浪費になってしまうようです。

さて、完成した私の取引ルール。他人が見るととても幼稚な取引ルールかもしれませんが、頑張って考えたルールなので上手く機能し、上手く利益を出せるようになることを願うばかりです。来年から資金も追加投入する予定なので頑張らねば。

スポンサーサイト
今年も転職を何度もすることになってしまいました。しばらくは派遣会社の仕事でのんびりやろうと思っていました。
しかし、以前同じ職場で働いていた知り合いから仕事の誘いを受けました。かなり悩んで結局ことわったのですが、それをきっかけにもっと自分にとって利点のある仕事を探すべきじゃないかと思い始め仕事を探し始めました。

けっこう早めに適当な仕事が見つかりました。ずっと続けたい仕事ではなかったですが。
しかし、またまた人間関係でつまずく。工場内の仕事で、チームで一斉に作業する仕事だったのですが、上手く覚えられずひたすら怒られてばかり。さらに1人、少しでも気に入らない事があるとひたすら怒り続ける奴がいて、もううんざり。

自信はなくすし、不快でしょうがないので研修期間で退職することを決意。かなりひきとめられましたが、仕事内容や勤務体系も好きになれなかったので徹底的に拒否しました。

あんな会社やめて本当に良かったと思います。しかし、自信をなくし欝状態になるのは何とかしないといけない。また心の問題にぶち当たった感じがしました。そんな時に読み返してみたのが「心を鍛える言葉」という本。「”心を鍛える言葉”ってどんな言葉なの?」と本の題名を読んで私は思ったのですが、これがはっきり書いてない(笑)。最初の方を読んであまり役にたつ内容が書いてあるように思えなかったので、本棚の中で眠っているじょうたいでした。

自分の問題を解決する方法をなんとか見つけたいと切実な状態だったので読み返す気になったのでした。改めて読んでみると役に立ちそうなことが書いてありました。・・・・「第3章 自信をつける」に。

以下、抜粋
・セルフイメージの大きさ=自信の大きさ

・人間はこの世に生を受けたときから、多くの人とふれあいながら成長します。そうした他者からの言葉かけで、セルフイメージのかなりの部分が作り上げられます。

・セルフイメージが心の中にしっかり根をはるまでには、もう1つの言葉かけも関係してきます。それはセルフトーク。つまり自分が自分に語りかける言葉です。私たちは普段、他人とさまざまなコミュニケーションを交わしていると思っています。しかし実際には、かなりの量で自分とも話しているものです。

・外や内から聞こえてくるさまざまなネガティブワードを、たえずポジティブなものに言い換えられるように日頃から訓練しておかなくてはなりません。


考えてみると自信をなくしているときの自分のセルフトークはネガティブワードの塊になっていました。「ミスばっかりして自分は駄目な人間だ」、「周りの人を怒らせてばっかりで迷惑をかけている」、「自分はこの職場にふさわしくないだろう」・・・なんて事を自分に言っていた。これは自分の性格の影響もかなりあると思うのだけれど。性格診断をすると、「真面目で自分にも他人にも厳しい性格」と出たことがある。そのとおりだと自分でも思う。

セルフトークを改善するべきだし、自分や他人を許す練習をしなければならないと感じました。
もっと力を抜くべきなんだろうね。

 
私にとって2015年は苦しい事の多い一年でした。なかなか納得できる職場にめぐりあえず転職を繰り返し、自信をなくしてしまうことも多かったです。試用期間で退職したのも含めると1年間でこんなに転職するか!と自分でも驚いてしまうぐらいの転職回数になってしまいました。

当然、経済的にもけっこう苦しかったです。1度かなり時給の低い職場に転職してしまいました。しかもあまり残業もない。これはなんとしても副業を探さないといけない、しかも週に1日だけという条件で。という状況になりました。なかなか週1日でもOKなんてとこはないだろうなぁ~と思ってました。なぜなら求人誌に載ってる条件はほとんどが週に2日以上からだから。

まあ、でも何とか探さないといけないので懸命に探しているといくつかはありました。最終的に副業として就職できたのは1番やりたくないと思っていた仕事でした。大手回転寿司チェーン店のアルバイトです。こういう忙しい職場は自分にとってかなりストレスになるだろうなぁ~と思っていたのですが、その通りになりました。(笑)

しかし、以外にも本業の仕事に上手くなじめずに非常に憂鬱だったりしたときには良い気分転換になったりしました。精神的な成長にも役にたった気がします。忙しくてとんでもないと思える状況でも「今できる事に集中する」訓練ができました。
もちろんお金の面でもかなり助かりました。本業は何度も変わりましたがこのアルバイトは半年以上にわたって続けています。副業のアルバイトもけっこう良いものだなと最近では思えるようになりました。

現在の私の本業は派遣会社のスタッフとして期間限定の仕事をしているので来年はまた職場が変わることになります。また新しい人間関係に苦しむかもしれない状況になるわけです。今年私がずっと考えてきたことは「どうやって心を鍛えればいいのか?」ということです。瞑想や自立訓練法を頑張ってみたり、色々な本を読んでみたりもしましたがはっきりした答えは見つからないままです。
悟りの境地になんてそう簡単に到達できるわけでもないし、ほとんどの人間は一生いろいろな事に思い悩んで苦しむのだから一生の問題として取り組んでいかないといけないのでしょうけどね。

しかし今年は苦しかった!このままでは鬱病になってしまうのじゃないかと思うほど憂鬱で何もやる気が起きない時間も多かったです。当然、今年の目標にしていた「経済学の勉強」もなかなか気が進まず実行できませんでした。来年に持ち越しですね。
何か気分が少しでも晴れることをしようと思い、伊坂幸太郎の小説は色々読みました。まだまだ最近の著作にまでいけていませんけれど。この人の小説は純粋な娯楽作品だと思うのだけど、私は色々考えさせられることも多くとても面白くよめています。

私の心の問題(対人関係のストレス・怒り・不安)を解決するために読むべきだと思えるような本はあまり無いような気がしていたのですが、伊坂氏も絶賛していたので「嫌われる勇気」を先月読んでみました。アドラー心理学の本は他にも読んだことがあったのですが、どうも良く解りませんでした。しかし、この本を読んでアドラー心理学がすっきり理解できた気がしました。本当に全て理解できたわけではないでしょうけどね。この本を読んで考え方が変わった部分があるし、疑問だったことが解消された気分にもなったので私にとって間違いなく良書でした。

来年は仕事も精神状態も安定させて、もっと心の問題以外のことに目を向けられるようになりたいと思います。今年は私にとって試行錯誤の一年だった気がします。FXや株もそうでした。売買の履歴をふり返ってみてみると確かに上達したと思える部分もあるけれど、後から考えてみると悔しい失敗を何度もしている。迷いが大きすぎてやることが中途半端になってしまっていました。
反省点を活かして来年も頑張ります!
自信
自分の才能・価値を信ずること。自分自身を信ずる心。 ~大辞林より

だいぶ遅くなってしまいましたが、昨年の記事「新しい職場のストレス」の続き。自己肯定感を手に入れるために読んでみました。精神科医の水島広子さんの著書です。なかなか良い本だと思いました。「この本を読めばすぐに自信にあふれた人間になれる」「職場での不安やストレスもなくなる」・・・・なんて事はないでしょう!でも、あ~なるほど「本当の自信」ってそういうことなのね、という事はすぐに理解できる本だと思います。

個人的には「自分の心の守り方」みたいな事が書いてある本かなと思いました。何年か後に読み返してみるとまた違った印象を受けるかもしれませんが。

で、この本の中心となっているのが、自信には2種類あるのだよと言う事。それをこの本では「Doの自信」「Beの自信」といっています。

「Doの自信」というのは世間一般で使われている「自信」のことです。「~ができる!」「~には自信がある!」・・・・というような「成果を挙げることができる」という能力に対する自信ですね。
この「自信」の問題点は、「できなくなる」「評価されなくなる」とすぐに折れてしまう。状況に左右されやすい「もろい」自信であるということ。

本当の自信というのはそういうものではなく「Beの自信」なんだよと言う事。「Beの自信」については中途半端に説明すると確実に誤解されると思いますので興味のある方は本を読んでみるべきでしょう。

本の文章自体はとても読みやすくサラサラサラと読めてしまいます。でも一読してすぐに内容を理解し実行できるかというと私の場合そうではありませんでした。3回読んでやっと自分の頭に内容が落ちてきたかなという感覚です。

心が落ち込んだりふさぎ込んだりした時に読み返すと良い本かもしれません。書店によくならんでいるいわゆる成功哲学・自己啓発本とは違った感じの内容です。ひたすら精神論・根性論を訴える本にはうんざりしている私にはとても心地よい一冊でした。

                                 
気分が晴れない休日、行くあてもなくブラブラと散歩をしていました。
たまに行ってる古本屋の前を通ったので、本が欲しいわけでもなかったのですがなんとなく入ってみました。その時に見つけたのがラテラルシンキングの本。面白そうな思考法だなと思いました。しかしその本は買わずに(笑)、漫画喫茶に行ってキンドル版の本をダウンロードしました。広くない部屋に住んでる人間にとって電子書籍はほんと助かる!

本の内容はタイトルどおりラテラルシンキングの入門書になっています。ラテラルシンキングとは何だという説明から始まってラテラルシンキングを活用した事例が豊富に載っておりとてもわかりやすかったです。まあ、ネットでも調べればラテラルシンキングの解説がたくさん出てきますけどね。

本当にこのラテラルシンキングという思考法を身につけ上達させれば画期的なアイデアを生み出したり、誰も思いつかなかった問題解決法を考え出せるかもしれません。それにはやはり地道な練習が必要でしょう。でも実際に練習する人はどれぐらいいるでしょう?この本の最終章には練習問題があるのでそれはやる人が多いでしょうけどね。でもそれっきりになってしまいそうな・・・。日常できる練習方法が6つ書いてありましたが何度も実践するのはやはり面倒です。

こう感じるのは決して私だけではないと思います。人間というのはわざわざ時間を取って何かをするというのがとても苦手な生き物だと思います。じゃあどうするか?私の答えは「ラテラルシンキングを使って身の回りの問題が解決できないか考えてみる!」これなら具体的なメリットがあるしやってみようという気持ちになるのではないかと。

たとえば・・・
・休日、読書や勉強をもっとしたいのに運動や気晴らしで時間がなくなってしまう。どうしたらいい?
・FXや株の取引でもっと収益を上げるにはどうしたら良い?
・どうしたら性格のいい恋人ができるか。しかも自分の家の近くで!(笑)
・クレジットカードのポイントを有効に使うにはどうしたらいい?
・敷布団にカビが生えないようにする簡単な方法はないか?

などなど、自分で考えて良い方法が見つかったらけっこう嬉しいと思うし達成感があるのではないかと。
早速今日から頑張ってみます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。