頑張ってはいますが・・・
酒田罫線法を何とか理解し(完全にではないが)。自分なりのトレードルールを考えてそれを紙に書き出してみた。

このルールを必ず守ってトレードするんだという決意を忘れないために壁の見えやすいところに貼り付けました。・・・でもあまり見ていない。毎朝、音読するなどの工夫が必要か?なんだか子供じみていて恥ずかしい気もするが・・・。

さて、そこまですると気になってくるのは「本当にこのトレード戦略は有効なのか?」ということ。過去のチャートを印刷してトレードルールを考えたのだけど、大きく儲かる時もあれば割と大きく損する時もあるトレードルールになりました。

その「割と大きく損する」を何とか防げないだろうか?・・・とあれこれ考えてもみましたがやめました。損失を出さないですむようなトレードルールを作るのは不可能でありそういう方法を考えるのは時間の無駄であるという結論に達しました。

話がそれてしまいましたが、「本当にこのルールに従って取引すれば儲かるのか?」というのは重要な疑問だと思いました。
だってお金が欲しくてFXをやっているのに儲からないやり方で取引を続けるのはお金と労力の無駄使い以外の何物でもありません。

やらなければいけないこと・・・過去のデータを使ってこのやり方が有効なのかどうかテストすることです。ああ、FXをやり始めて数年が立つのになぜ今までやっていなかったのかバックテスト。とにかくやろう!と決意しました。

どうやってやるのか?・・・まず思いついたのは自分で過去の価格データを入手しそれでチャートを作成して(エクセルなどの表計算ソフトで作れる)それで検証してみることです。
色々調べてようやく20年分の日足データを入手しました。よーしデータを入力してチャート作るぞー!・・・と意気込んでみたものの何年分ものデータを入力するには膨大な時間が掛かることがわかりうんざりしてしまいました。

「これでは検証が終るまでどれだけ時間が掛かるのかわからない。今年いっぱい掛かるかも・・・。」なんて事が頭をよぎりました。

う~ん。もっと早く検証できる方法がないものだろうか・・・と思って検索してみたところありました。
フォレックステスター。これを使えば簡単にFXのバックテストができるではありませんか!!!値段もお手ごろ。

よ~っし!やるぞーバックテスト!と張り切ったその結果がどうなったかというのは、今日は就寝予定時間が来てしまったのでまた次回にします。
スポンサーサイト