頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、私は水泳にはまっています。肉体労働の仕事をやるようになって身体を鍛える必要性を感じるようになり、休みの日はジョギングやヨガを頑張ってやっていたのですが、「たまには他の運動もやってみたいなぁ~」と思うようになりました。

小牧市に引っ越してきて、地元の地理が分からないため小牧市の地図を買って部屋の壁に貼ったのですが、それを見ていると温水プールが載っている。ネットで調べてみると市が運営している施設なので1回510円とけっこう安く利用できる。「よ~し、休みの日に行ってみよう」と思ったのが始まりでした。

しかし、夏場は人が多くてなかなかゆったり泳げない。職場の同僚にそのことを話したところ、「プールは夏行くものじゃない、冬行くものだ。」といわれました。なるほどそうだよなと納得した私は涼しくなるのを待ってプールに行き始めました。

高校の頃に泳いだのを最後にずっと泳いでいなかったのでなかなか上手く泳げません。いや、もともと泳ぎ自体上手くは無かったです。しかし、小学生の小さい男の子や女の子でも上手い子は速いです。お父さんと25メートル競争して勝つ子までいます。それを見てきちんと基本を学んで身に着けないといかんと感じました。水泳の本まで買って泳ぎ方を勉強し、毎週プールで練習するようになりました。自分でも「なぜそこまでする??」と疑問に思わないでもないのですが、やりだすとなかなかやめられない性格なので仕方ありません。

水泳の本に書いてあるように、手の動き、足の蹴り、息継ぎの仕方、手と足の動きのタイミングなど、個別に反復練習しその後、再度組み合わせて泳ぐ練習をすると上達しているのがはっきり分かる(ビルドという練習法らしいのですが)上達するのが分かると楽しくて毎週プールに行くようになってしまいました。

小学生の頃、他の子がみんな泳げるのに私だけ泳げなくて、夏休みに毎日練習して50メートル泳げるようになったとき嬉しかったのを思い出しました。水泳を再度やるようになって努力する喜びを思い出したように思います。

この努力する力を他の分野、FXや英語の勉強などにも活用できるようになったら良いだろうなぁ~と感じています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。