頑張ってはいますが・・・
江戸時代の相場書「八木虎の巻」「八木竜の巻」を読んでみたいのだけど、読んで理解するためには、どうやら古文の読み方を勉強しないといけないようだ。それはとても面倒。

本屋で林 輝太郎氏の最新刊「相場の道」を手にとって見たところ、江戸時代の相場書についての書かれている箇所が多くあるのを見たので読んでみました。私は「松村 辰次郎」という相場師について全く知らなかったのですが、けっこう有名な方だったようです。

内容ですが、すぐに売買に役立つ方法が書いてあるとは思えませんでした。しかし、参考になる考え方は色々とあったし、読み物としてかなり面白いと思える本でした。

「八木竜の巻」のなんぴん論についての考察も勉強になったと思います。しかし、やっぱり自分でも「八木竜の巻」は読んでみたい気がするなぁ。
スポンサーサイト