頑張ってはいますが・・・
良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識
(2012/02/11)
アレックス・ハッチンソン

商品詳細を見る



スロートレーニングの山田 豊治さんのメルマガでこの本を知りました。

スポーツやトレーニング、フィットネスに関する疑問に対して科学的な研究結果、データを基に答えていくQ&A形式の本になっています。著者の持論で答えを決め付けるようなこともしておらず、よく分からないことは良く分からないと正直な書き方をしている点はとても好感を覚えました。

色々な疑問に対して答えていますが、私が面白いと思ったのは以下のような問いです。

・トレーニングの効果はどのぐらい続けると生まれるか?
・健康のためにはどの程度の運動をすればいいのか?
・有酸素運動と筋トレ、どちらを先にすればいいか?
・運動すべきでない暑さはどれぐらい?
・運動の効果はどれぐらいで薄れはじめるか?
・筋肉をつけるのが目的でも有酸素運動を行う必要があるか?
・スリムになりたいだけの人でも筋トレをすべきか?
・どれぐらいの重さのウェイトを何回ぐらい持ち上げればよいか?
・筋肉をつけるためにタンパク質をどれぐらい摂取すべきか?
・ストレッチで怪我は防げるか?
・「体幹」をどう鍛えるべきか?
・運動後の水分・栄養補給には何が最適か?

意外な研究結果も色々あり、とても興味深い内容でした。すでにスポーツやトレーニングをやっている人やこれからはじめようと思っている人はぜひ1度読んでみることをお勧めします!

あ、そうそう著者のアレックス・ハッチンソンさんのブログ、ランナーズワールドも面白そうなのでたまに読んでみようと思いました。当然、全部英語ですが。う~ん。英語の勉強、頑張らねば。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alquimista.blog39.fc2.com/tb.php/140-2edb7f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/22(木) 04:41:23 |
管理人の承認後に表示されます
2012/11/22(木) 04:41:24 |