頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古本屋で105円で買った本です。読まないといけない本は他にあるのだけれど・・・と思いながらも、気分転換に読める本が何か欲しくなって購入。短編小説集で読みやすそうだし、まあ105円だしねと自分を説得。

疲れた時の気分転換には最適な本でした。

主人公は伊良部総合病院の地下にある精神科のお医者さん「伊良部一郎」。で、この医師のところにやってくる患者さんと言うのが、プール依存症、陰茎強直症(ようするにあそこが勃っち放し)、携帯電話中毒、妄想壁・・・などなど変な病気を患った人ばかり。しかし凄いのが、治療にあたる伊良部一郎先生はこの人たちよりもっと変だと言うこと。こいつは利口なのか?、いや馬鹿なのか?ただの変態?・・・いやひょっとして名医?底のしれない人物です。

はい。全然真面目な小説ではありません。おかしく笑えるお話です。しかし、私があまり色々な小説を読んでこなかったからそう感じるのかもしれませんが、とても人間の心理描写がたくみで心の動きをよく描けていると思います。「そうそう、そう思う事あるよ!」とか「いるいる、そういうやつ!」と言いたくなることが何度もありました。

アマゾンのレビューに「日常生活に疲れた人へ」という事が書いてあったように思いますが、普段の人間関係に疲れた人や、人間関係に疲れやすい人は読んでみると良いと思います。私はこれを読んで少しですが肩の力を抜いてすごせるようになったと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alquimista.blog39.fc2.com/tb.php/159-30a348d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。