頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書くべきことが他に思いあたらないので今年の目標について書いておこうと思います。

しかし・・・かなり遅いですね(笑)。新年の目標なんて正月か正月明けぐらいには書くものでしょふつう!・・・なんてつっこまれそうですが、まあブログにも書いておきましょう。ちなみに自分の日記帳には1月1日に書きました。

今日久しぶりにこのブログの記事を読み返してみたのですが、けっこう新年の目標って書いてましたね。くだらないと思って削除しちゃいましたが。なぜくだらないと思ったかと言うと、全然達成されていない。なぜ達成できなかったかという反省もされていない。文章が下手、内容が面白くないなど・・・・色々です。

それなのになぜまた今年の目標なんてお前は書くのだ?・・・というと昨年生まれてはじめて新年の目標を達成できたからです。まあ、そうたいした目標でもなかったのですが達成できたのはけっこう嬉しかったです。

その目標とは「本棚にたまっている読みかけの本、13冊を全部読み上げる」でした。それだけ。日記帳の最初のページにその13冊の本のタイトルを書き出し、読み上げたら傍線を引っ張って消す。それを繰り返し、なんと10月には全て読み上げることができました。その経験からなんとなく新年の目標を決めるコツ、達成させるコツがわかったような気がします。

まとめてみると

1.目標をあれこれ決めない。1つに絞る
 あれこれ目標を決めると集中できなくなります。時間にかなり余裕があれば別でしょうが、忙しい社会人にとって私生活で色々な目標を達成するのはけっこう困難だと思います。1つに絞ると「これだけなんだから何とか頑張ろう、達成できるよう頑張ろう!」という気持ちになれます。

2.具体的であること
抽象的な目標は駄目ですね。「料理の腕をあげたい」とか「映画をたくさん観たい」、「人格を向上させたい」なんて目標は良くないと思います。具体的でないから達成できたかどうか1年が終った時にチェックできない。具体的でできれば数値目標を入れられればもっと良いと思います。

3.充分に達成可能であること
欲張って大きな目標を立てると、途中で到底達成できないと感じてやる気を失う可能性が大です。ちょっと頑張れば充分に達成できるぐらいの目標にしたほうが良いと思います。

という感じですかね。で、私の今年の目標は「経済学の基礎の習得」です。1つですが、これでは具体的でないですね(笑)。具体的にするために、「今もっている経済学の入門書2冊を2回以上読み通す」事にします。そしてできるだけ12月の経済学テストを受ける。

なぜ、経済学かというとFXや株の取引のためではなく、単に経済学を学びたい経済を理解したいと思ったからです。昨年読んだ13冊の本の中にポール・クルーグマンの本が2冊あったのですが、それを読んで経済学を学んでおくのも何かの役に立ちそうだと感じたからです。

しかし他にも読まなければと思う本もあるし、去年書いたように伊坂幸太郎の小説も読みたいなと思うし・・・・まあ頑張りましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alquimista.blog39.fc2.com/tb.php/167-5c25e09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。