頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も転職を何度もすることになってしまいました。しばらくは派遣会社の仕事でのんびりやろうと思っていました。
しかし、以前同じ職場で働いていた知り合いから仕事の誘いを受けました。かなり悩んで結局ことわったのですが、それをきっかけにもっと自分にとって利点のある仕事を探すべきじゃないかと思い始め仕事を探し始めました。

けっこう早めに適当な仕事が見つかりました。ずっと続けたい仕事ではなかったですが。
しかし、またまた人間関係でつまずく。工場内の仕事で、チームで一斉に作業する仕事だったのですが、上手く覚えられずひたすら怒られてばかり。さらに1人、少しでも気に入らない事があるとひたすら怒り続ける奴がいて、もううんざり。

自信はなくすし、不快でしょうがないので研修期間で退職することを決意。かなりひきとめられましたが、仕事内容や勤務体系も好きになれなかったので徹底的に拒否しました。

あんな会社やめて本当に良かったと思います。しかし、自信をなくし欝状態になるのは何とかしないといけない。また心の問題にぶち当たった感じがしました。そんな時に読み返してみたのが「心を鍛える言葉」という本。「”心を鍛える言葉”ってどんな言葉なの?」と本の題名を読んで私は思ったのですが、これがはっきり書いてない(笑)。最初の方を読んであまり役にたつ内容が書いてあるように思えなかったので、本棚の中で眠っているじょうたいでした。

自分の問題を解決する方法をなんとか見つけたいと切実な状態だったので読み返す気になったのでした。改めて読んでみると役に立ちそうなことが書いてありました。・・・・「第3章 自信をつける」に。

以下、抜粋
・セルフイメージの大きさ=自信の大きさ

・人間はこの世に生を受けたときから、多くの人とふれあいながら成長します。そうした他者からの言葉かけで、セルフイメージのかなりの部分が作り上げられます。

・セルフイメージが心の中にしっかり根をはるまでには、もう1つの言葉かけも関係してきます。それはセルフトーク。つまり自分が自分に語りかける言葉です。私たちは普段、他人とさまざまなコミュニケーションを交わしていると思っています。しかし実際には、かなりの量で自分とも話しているものです。

・外や内から聞こえてくるさまざまなネガティブワードを、たえずポジティブなものに言い換えられるように日頃から訓練しておかなくてはなりません。


考えてみると自信をなくしているときの自分のセルフトークはネガティブワードの塊になっていました。「ミスばっかりして自分は駄目な人間だ」、「周りの人を怒らせてばっかりで迷惑をかけている」、「自分はこの職場にふさわしくないだろう」・・・なんて事を自分に言っていた。これは自分の性格の影響もかなりあると思うのだけれど。性格診断をすると、「真面目で自分にも他人にも厳しい性格」と出たことがある。そのとおりだと自分でも思う。

セルフトークを改善するべきだし、自分や他人を許す練習をしなければならないと感じました。
もっと力を抜くべきなんだろうね。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alquimista.blog39.fc2.com/tb.php/171-92716151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。