頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日まで4日間、昼間のシフトで働いていました。問題は日課にしていた一日30分の英会話の練習を休んでしまったこと。

 私の働いている工場の昼間のシフトで辛いのは勤務時間が長いこと。夜勤11.5時間に対して昼勤務12・5時間。一日の半分以上です。通勤時間なども入れると相当な時間を仕事にとられます。そうは言っても他に稼ぎのいい仕事があるわけでないので仕事を頑張るしかないのですが。

 交替勤務は体のリズムを毎週入れ替えないといけない事がナカナカ大変です。スキルアップしてもっといい仕事に就きたいものです。

 そのために今、毎日英語を勉強しています。本当に英語力でキャリアアップできるのか確信はないのですが、英語の勉強は私にとって楽しいしのでまずは今年11月のTOEIC試験を受けるまでは集中してやろうと思っています。

 問題は如何にして時間を確保することかだなと最近強く感じ始めました。スキルアップは毎日の積み重ねが大切。でも仕事の時間が長いとなかなか時間を確保できない。ダラダラしているとあっという間に時間はなくなってしまう。

 睡眠時間を少し短くすれば時間を確保するのは簡単なのでしょうが、私はこれができないのが辛いところ。どうも最近わかってきたのが私は7時間眠らないと昼間眠くなってしまうということ。

 
しかし、職場で同僚に7時間眠ることをいうと「寝すぎだよ。」と言われる。職場の同僚の平均は6時間ぐらいのようだ。5時間ぐらいという人もいる。私には真似できない。・・・いや1~2日ぐらいならできないことは無いのだけど、づっと続けては無理。誰になんと言われても眠いものは眠いのだ。

 加えて私は眠いと何もやる気が起きない困った人間でもあります。学生時代に勉強時間をとるために短時間睡眠人間になろうと頑張ったことがありますが、結局駄目でした。眠くてやる気が起きなくて逆効果でした。

 結論としては私のような睡眠時間が長く必要な人間は起きて活動できる時間を如何に有効に効率的に使うかを考えるしかない。という事になるのでしょう。

 時間管理・活動管理が必要だということでしょうね。そのために有効な手法は時間の「見える化」のようです。つまり活動記録をつけるということです。毎日、何時から何時まで「何に」時間を使ったのかを記録する。そうすることで自分が上手く時間を使えているのか浪費してしまっているのかを自分の目で見て把握できるようになります。

 休日の活動はこれをけっこう徹底してやっています。「面倒臭い」「窮屈だ」という感じが最初はしましたが、慣れてきたらそうでもありません。色鉛筆や蛍光ペンで「勉強した時間」「雑用をやった時間」など色分けするといかに自分が無駄な時間の使い方をしているのかよくわかります。

 だからといって無理をするのも良くないのでしょうけどね。でもスキルアップのためには多少は無理をしないといけないような気が最近してきました。きつくても勉強はやらなければ進まない。きつくてもやればその分身についてくる。多少の無理をすることでそれになれてそれが無理でなくなってくる。そんな気がします。

 では、少し眠いですが少し無理して頑張って英語の勉強をします。

 しかし、やっぱり睡眠時間も短くしたい。休日だからといって9時間は寝すぎだよなぁ・・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alquimista.blog39.fc2.com/tb.php/20-f78988e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。