頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 15日の土曜日から今日17日の日曜日まで三日間、一日の活動時間のほとんどを掃除と整理整頓に費やしてしまいました。疲れた・・・。

 なぜそんなにやったのかというと、事の始まりは虫の駆除です。

 派遣会社や職安に行ったり、虫歯を治療したりなどやるべき用事が片付いてくると、どうもパソコンの周辺やらカーテンやらあちこちを徘徊する小さな小さな正体不明の白い虫たちが気になってきたのです。

・・・おかしい、ゴミはキチンと出してるし掃除機もまめにかけているそんなに汚い部屋に住んでいるはずはないのに・・・でもいるんですね、気になる虫君たちが。

 で、掃除をしながら調べてみるとどうも畳の隙間などに繁殖しているよう。こうなったら、もう虫が繁殖しないように徹底的にきれいにして、それから殺虫剤(霧で室内の虫を一斉駆除するやつ)で駆除してしまえ!と思ったのです。

 きれいにするためにはまず整理整頓だ!!・・・と思ってはじめたのですが・・・
 やりだすとナカナカ止められない終わらないのが整理整頓。できるだけ整理・整頓・清掃はやるように心がけてきたはずだったのですが・・・今回もやられました。とっても時間がかかってしまいました。

 まあ、一つにはもうすぐ引越しする事も頭にあったので引越しの準備も兼ねた整理整頓にしてしまったためというのもあるのですが。(←言いわけ)

 で、そもそも整理整頓とは何かと言うと・・・

 整理・・・必要な物と不要な物を区別し不要な物は処分する事。

 整頓・・・必要なものをいつでもすぐ取り出せるように仕分けし
      ておいておく事。

 というのが一般的な定義のようです。

 ネットで整理整頓を検索してみると、まず整理する事が難しいとよく言われています。必要なものと不要な物を区別する判断力がまず必要となるからだそうです。

 しかし、今回私が実感したのは整頓がすごくできていなかったという事です。整頓ができていなかったから逆に整理ができていなかったという結果になっていました。

 一番のひどかったのは衣類です。私の住んでいるアパートの部屋は狭く押入れも小さきです。当然、衣装ケースもあまりたくさんは入りません。もう一つぐらいは衣装ケースが入るのだけどそれを入れてしまうと押入れがけっこう満杯近くなってしまう。でも、衣類はけっこうある。(普通の人よりはだいぶ少ないかも・・・めったに服なんて買いに行かない)

 ケースにキチンと入らない衣類は適当に袋につめて押入れに押し込んでいました。・・・結局、何がどこにあるかわからなくて収集がつかない。もう素直に衣装ケース買おうと思い買いました。
 
 で、衣類の整頓を始めてみると要るものと要らないものがよく解るんですね。考えてみると当たり前のことなんですが、何がどこにあるかよく解らないのに、必要な物と不要な物の区別なんてすぐできるわけがないのです。どこにあるのかよく解ってないのだから。 

 効率よく整理するためには整頓が大切なのだなという事を学びました。

 上手く整頓するには「一定の規則・ルール」に従い仕分けする。
 そして決めたルールに必ず従わせる事。

 だそうです。(ごめんなさい。どっかのサイトで読んだ事ほとんどそのままです)

 私の失敗は「一定の規則・ルール」の枠にキチンと入っていない物達が混沌状態で部屋の中に転がっていたことです。

 カオスはいけませんね。

 部屋の中にカオスが発生しないためには「一定の規則・ルール」に従い仕分けして置けない物は捨てる!!捨てられない物ならキチンとその人の入れる場所、おき場所を作ってあげる。

 どっちもしないと必ずゴチャゴチャになってカオスが発生しますね。
 そして、何がどこにあるのかよく解らなくなり、よく解らないから不要なものが溜まりはじめる。

 まあ、要するにゴチャゴチャ置かれている物は何とかしましょうというお話ですね。

 整理整頓がキチンとできていると探し物に時間もかからないし、精神衛生上もプラスになるのでやっておいて損はないでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alquimista.blog39.fc2.com/tb.php/26-30ab0c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。