頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残業がなくならない。自分の時間が持てない。
勉強が全く進まない。

今年の目標であるTOEIC 750点以上取るという目標が危うくなってきたと感じるこの頃です。最近、毎日の英語の勉強時間は5分。とにかくどんなに忙しくても5分はやろうと思っているがそれすらやらない日もあるしまつ。

強制的にでも30分、英語の勉強時間をとらないといけないと検討中であります。

英会話学校の先生にもゆっくりする時間がなくて大変だねぇ~。と言われます。(もちろん英語で)

一度、勤務時間の話をしたら、「そんなに長時間、いったい何をやってんだい??」と聞かれた。

ふと、考えてみると毎日それほど大量の仕事をさばいているという実感はない。朝は開店準備で確かにあわただしい。ただ、週末以外は出すもの出してしまったら少しずつ足りなくなった商品の補充をやっていくだけ。一日中、目が回るほど忙しいわけではない。小売業の仕事と言うのはそういうものかもしれないけど。

で、アメリカではどうかというと、確かにスーパーは朝が早い。朝、5時ぐらいから仕事が始まって、8~9時の開店までは目が回るほど忙しいらしい。ただ、昼前にはだいたい仕事が片付いて、12時頃には商品の発注をやって帰るらしい。

なんとも、羨ましいではないか!!!

俺も昼ごろには帰りたいよ~。昼とは言わずとも2時か3時ぐらいには帰りたい。だって朝早いからそれぐらいいいだろ~。と言いたくなる。
その話を聞いて、アメリカに生まれたかったと思わず思った。

日本ほど長時間労働が当たり前になってる国も珍しいらしい。
ちなみに、私が勤務してる会社、正社員はタイムカードがありません。
どんなに残業させても全くばれないのですよ。そんな事やっていいのかよと、思ったが、ちいさい会社ではそういうことも多いのかも。

日経新聞(最近読んでないんだな)の記事でちょくちょく読んだ事があるのは、日本の企業は製造業は労働生産性が高く世界的にも優れた企業が多いが、製造業以外のサービス業は欧米と比較すると非常に生産性が低く効率が悪いと言う事。

長時間労働を体験していると確かにそうだろうなぁ~と思ってしまいます。日本のスーパーは細かい事にこだわりすぎてダラダラ仕事をしすぎだと思う。一気に仕事を片付けて、さっさと仕事を終われるようにしたいものです。

でも、すぐには難しいだろうなぁ~。それまで今の会社にとどまっているのかもよくわかりません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんはー・・私ごときがこんな事言うのも何ですが・・合わない仕事は我慢せず、すぐ見切りをつけて、次の仕事にトライしては?人生終点がない分過程を、楽しくしたほうが生きる楽しさも味わえるんだと思います<達成した喜び、快感>なんて好きな仕事に取り組んでるときに味わえるんでは?かならずスマさんに合う仕事あるとおもいますよー・・。
2007/07/14(土) 21:06 | URL | akoko #-[ 編集]
こんばんはー。
そうしたいのですが、ナカナカそうも行きません。最低でも1年は我慢して続けようと思います。転職にプラスになる何かをつかまないといけません。

・・・でもたまには名古屋に出かけていい仕事ないか探しておこうかななんて思ってもいます(笑)。
2007/07/16(月) 22:33 | URL | スマ #-[ 編集]
こんばんわ、日本はアメリカと違ってなんと言うか。固執しているんですよね、以前本で読みましたが
ヨーロッパのほうは家族休業が出されて
「家族出出かけるから。休ませてほしい」といえば休ませてくれるそうです。。羨ましいですね、、
でも日本では到底無理な話です
それだけ他国は豊かで心も広いのかなと思ってしまいます。

少し話題がずれて申し訳ない
2007/08/02(木) 00:46 | URL | roilln #-[ 編集]
こんばんは。ほんと日本でサラリーマンとして働くのは大変ですね。楽な面もありますが。

最近、私はさらに長時間労働になってしまってます。上司の機嫌を取らないといけないためというのがむかつきます。

もう転職をかなり真剣に考えはじめています。
2007/08/06(月) 19:54 | URL | スマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alquimista.blog39.fc2.com/tb.php/55-dee9cdbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。