頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さて、今年ももう4日です。一年の始まりという事なので今年の目標でも立てないといけないのだろうかと、漠然と考えておりました。

 なぜそんな事を思ったかというと、私が登録していたメルマガでそういうことが言われていたからです。(解除したはずなのに・・)

 「みなさん、ちゃんと今年の目標は立てましたか!これが無いことには始まりませんよ!」

 ・・・なんて台詞で始まるのである。いわゆる典型的な成功哲学の信奉者なのですね。まあ、それはいい。しかし、この考え方というのが短絡的な気がしてならない。

 つまり、最終的な目標を定め(ネットビジネスで月に30万円稼ぐとか)、そのための中間目標を設定する・・・何月何日までに~になるなど。その一つ一つに数値目標を定め、達成できるように努力すれば必ず成功できるのだ!

 ・・・それで、誰でも成功するなら苦労しないって言いたい。目標を定めるのも数値目標を決めるのも悪くは無いだろう。しかし、その目標は本当に自分にとって妥当なのか?本当に現実的な目標なのか?それをわかってないで、ただ闇雲に目標を設定したって何の意味もないと思う。
  数値目標一つ一つがクリアできないで失敗が続くと、ああどうせ俺には無理なんだと落ち込んでしまうのは目に見えている。

 なんだか、新年そうそう批判ばかり言ってしまっているが、私はどうもこの根性主義的な発想についていけない。何が何でも目標が大事とはどうも最近思えないのだ。

 じゃあ、私が普段目標を立ててないかというとそうではない。ここ数ヶ月は毎月立てている。今月何の本を読むか、どういうやり方で勉強(英語)するかとかけっこう綿密に目標や計画を立てている。

 それが100%達成できているかというと、そうではない。当初思っていたより時間がかかることや予定外のことが起こること。調子が悪くて思うように行かないことなどは当然のように出てくる。それらのことは必要なら対策を立てて次の月に計画を繰り越すという作業をやっている。

 ではなぜ、1年間の目標を立てる気にならないかというと1年後に自分がどうなっているか、どうしたいと思っているかが全くわからないからだ。今とは全く違う環境にいて違う仕事をしているかもしれないし、変わらず工場で派遣労働者として働いているかもしれない。どうなるのかわからないのに1年間の目標も何もあったものではないのだ。(こういうのは成功哲学の信奉者に言わせるとよくないのだろうけど。事実そうなのだから仕方が無い。)

 でも、今の日本には自分のような人間が山ほどいると思う。不確実な環境の中で自分がどうなりたいのか、どうなるべきなのか分からずに悶々としている人間が。

 だから、あえて私の今年の目標といえば、自分の方向性を見出すことかな。自分の進むべき道、どうなるべきかを見つけ出せればいいと思う。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alquimista.blog39.fc2.com/tb.php/7-d0c8c97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。