頑張ってはいますが・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィークは何処にも遊びに行かず、ひたすら読書と水泳の練習に明け暮れました。あ、合コンは1回行ったか。

「渡辺さんっていったい何を目指してるの?」と友人にまた言われそうです。いや特に何を目指しているわけではないのだけどね。休日はほぼ毎日のようにジョギングをやっていたのだけど、なんか走ってばっかりじゃ面白くないなぁと思ってなんとなく始めたのが水泳。しかし、10年以上も全く泳いでいないとこれがナカナカ泳げない。小学生や高齢者の方にも負けてしまう。

悔しいのでプールに何度も通って練習するのだがナカナカ上達しない。なので書店でDVD付きの水泳の本を買って読んだりもしたのだが、それでもどうも楽に泳げない。別に水泳の選手になりたいわけではないので速くカッコよく泳げなくても良いのだけれど、せめて長い時間続けて泳げるようにはなりたい。25mや50m泳いでゼエゼエハアハアいってるようじゃねぇ~と思ってしまう。市営の温水プールなんかでもズッーーーート泳ぎ続けてる爺ちゃん婆ちゃんなんかもいるわけですよ。

ネットで情報収集してみるとどうやらTIというのが良いらしい。このトータル・イマージョン(Total Immersion)の名称は、技術が完全に体にしみこんだ状態(Totally Immersed)に由来しているのだとか。

”効率的に泳ぐ、画期的かつ新しい水泳メソッド”-それがトータル・イマージョンなのです!!と言う事らしい。

で、それって具体的に何やるの?というと「ドリル練習」です。他の水泳の本にも書いてあったのですが、人間というのは(一部の天才を除いて)頭でイメージしたとおりにすぐ体を動かせないらしい。まあ、そうでしょうね。上手な人の泳ぎをビデオでみて、「こんなふうに体を動かせば良いのですよ!さあ、やってみましょう!」と言われてもすぐにできるわけがない。慣れていない動きを色んな事を意識しながら同時にやるなんて至難の技。

じゃあ、どうしましょ?必要となる動きを細かく分解し、それを一つ一つ上手くなるまで練習する。一つできるようになったらそれにこれを加えましょう。その次はこれですよステップアップしながら技術を身につけていく。このTIではそのドリル練習がかなりユニーク。周りで見てる人からすると「この人、いったい何やってるんだろう?」という感じだろうと思う。まあでも恥ずかしがっていても上達しないのでしっかりやるようにしました。本だけでは動きが分かり難かったのでDVDも購入して何度もあらかじめ自宅で見てからプールでやりました。

実はこのTIのドリル以前からやっていてクロールも一通りだいたいはできるようになったんじゃないかなと自分では思っていました。でもまだ楽には泳げていない。何か見落としていることがあるのじゃないだろうかと思い、DVDで見たドリル練習での泳ぎを同じ様にできるまでやってみようと思いました。するうとどうだろう「できるようになった」というのが自分の思い込みで合ったことが次々と分かってきた。

教訓
・何事も基本が大切。時には小さなことが結果を大きく左右する。
・経験や知識が増えるのはもちろん良いことだが、それが増えることによって単純なことや基本的なことをおろそかにしがちになってしまう。「こんなことわざわざ練習しなくても」というのは自分の傲慢であるかもしれない。

しかし、ドリル練習は凄いなぁと実感。闇雲に練習していたら自分だったら10年かかっても到達できないのではないだろうかと思うようなレベルに簡単に到達できてしまう。これは是非とも他の分野にも応用せねば!と思いましたね。

たとえば、投機、英語の勉強、精神面のコントロール、婚活(笑)、とかね。
投機は...あれ、今やってる中源線建玉法ってこれも一つのドリルじゃない?じゃあ、まずしっかりこれやろう。
英語・・・なんか昔、ドリル問題集ってやらなかったなかなぁ?今でもそういうの売っているのだろうか?
精神面・・・毎日瞑想やる?
婚活・・・これが一番難しい気がする。色んな要素が絡んでくるしね。まずは電子書籍で面白そうな本をさがしてみるか。


さて、今年になってから中源線建玉法を使ったFX取引を開始しました。昨年、4ヶ月近くの準備期間を使ってからの運用開始です。なぜそんなに準備期間が必要だったかというと規定を理解するために数年分のグラフを書いたり、キザミを変えてシグナルの出方がどう変わるか確認をしたりしていたからです。

それだけの期間を使っておきながらまだ中源線の規定に疑問が出てきたりもしましたが、今後はたぶん大丈夫でしょう。中源線に頼りきった取引をするのではなく、中源線は売買のための道具、練習のための道具と割り切って考えて使っていこうと思います。

最初の一連の取引は損で切ることになりましたが、それほどがっかりすることもありませんでした。逆張りで建てた玉が上手くトレンドに乗ればある程度大きく取れることは分かっているからかもしれませんが。
それに、中源線をはじめて感じるのは、とにかく楽だということ。何にも悩まなくて良いので精神的に凄く楽です。こんなに楽で良いのかと思うほどです。・・・まあ、でも中源線での運用に慣れて欲が出てきて、もっと利益を出そうと自分の売買を追及するようになるとまた裁量取引の悩み苦しみがでてくるのでしょうけどね。

とにかく今年は規定を守って取引をすることを心がけたいと思います。この規定を守るというのもきちんとできるか自信がないのだけど。林さんが中源線研究会の掲示板に「半年以上守れる人は皆無」と書いてあったけど、なんか分かる気がしてきました。
随分と更新をさぼってしまいました。Facebookを始めたらさらにブログを書かなくなってしまいました。Facebookは毎週更新しようと思って頑張っていますが、それも時々さぼってしまいます。

来年はもうちょっと頑張って色々書こうと思います。今年も色々あったと思います。私自身のことで言うと・・・

・自転車でこけて骨折して2ケ月ほどまともに仕事ができなかった。
・Facebookをやりはじめた。
・低位株の取引を始めた。
・合コンや婚活バーに行き始めた(結婚する気はそうないのだけれど)。
・手書きで日記を書き始めた。
・中源線建玉法を勉強した。

なんてところですかねぇ。合コンと知り合った女性と1人メールのやり取りが続いています。上手くいくといいなあと期待しています。

中源線建玉法はついさっきまでグラフ書きに没頭していました。為替と株の折れ線グラフを3年分書くのはしんどかった。為替(豪ドル・円)はキザミを変えると転換の仕方がかなりよくなりました。本当に良くできた売買法だなと思います。来年からの運用が楽しみです。

やるべきことがたくさんあって来年も忙しくなりそうですが、焦らず1つ1つ確実にこなしていこうと思います。
2012年の4月から自分の売買記録をとり、FXの分割売買を始めました。今年になって自分の売買の形もできてきて少しずつ上達を始めた感じもします。

しかし、自分の売買記録を見ながらふりかえって見るとなんとも情けない売買をしている。とにかく臆病ですぐに利食いしたり両建てにしてしまっている。粘りもない。

上達のヒントが何かないだろうかと思い、林 輝太郎さんの本をまた買ってみた。「相場技法抜粋」という本というより小冊子みたいなもの。「林投資研究所」が直接発行している物だった。内容は心構えのようなことばかりだが役に立ちそうだった。

林投資研究所からの「おまけ」も一緒に入っていた。”中源線建玉法 第一部 解説”。どうやら中源線建玉法という商品は小冊子4冊で構成されているようだが、その第一部の見本を送ってくれたようだ。読んでみて私が感じたのは、「相場が上手くなりたいのなら自分で色々悩んでないでこれをやるのが一番てっとり早いのではないか?」ということ。

この中源線建玉法、林さんの本にちょくちょく名前が出てくるので以前から興味があったのだが、その値段ゆえに購入するのはためらっていた。¥52500。安月給の私にはけっこうな額だ。しかし、私には昇給の見込みがあまりない。資産形成のためには相場を頑張るしかないと思っていた。それならばこれぐらいの額、自己投資だと思って購入してもいいのではないだろうかと思った。とにかく私は早く売買が上手くなってたくさん儲けたいのだ!

で、ついに買ってしまいました。いったいどんな売買法なんだろうと思って期待して読んでみると「なんだこりゃ!?」という感じでした。相場の転換についての考え方がとても変わっていると思いました。正直、これで大丈夫なんだろうかと不安になりました。

でも、売買の練習をこれでやると決めたので、中源線の規定を覚えるために豪ドル・円のグラフを1年半分書いてみました。上手くいかないと何度も損切りに合いますが、この売買法の得意なパターンに当たるとけっこう大きく取れる。上手な人の売買のやり方を規定によって再現できるようにした物のようだと思いました。相場というのはこうやるのだよ。と一つのお手本を示してくれているようです。

来年から中源線建玉法での取引を開始する予定です。ちょっと楽しみでもあります。

今年ももう終わり。やり遂げられなかったことも色々ありますが、自分なりによく努力したいい1年だったと思います。

私にとってはここ数年の中では1番いい年だったと思います。

さて、大晦日の夜に1人で何をやっていたかというとFXの反省をやっていました。ちゃんと全部の取引を記録するようになっただけでも大きな進歩だなぁと感じます。

具体的な取引の内容ですが・・・じっくり振り返ってみると。う~ん、下手だなぁ。本当に下手だなぁ。と自分で感心してしまいます。自分の取引を振り返って色々改善すべきことが見えて来ました。

来年はもっと大胆に仕掛けていこうと考えています。これからが楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。